2018年5月3日木曜日

「専門家」って何なのさ

僕の中でずーっと続いているテーマのひとつが、専門家とか専門性とかって何さ? ということ。

大学に就職してみたり、いわゆる専門家と呼ばれる仕事を現場でしてみたりして、ようやくわかってきたのは、その意味はひとりひとりずいぶん違うらしいということ。同じ言葉を使っているのに考え方がまったく違う人とたくさん出会ってきて仰天したものだ。

だとしたら、自分なりの答えを出すしかないんだけど、最近なんとなくそのあたりが言葉になってきた。

まず自分は、専門家云々以前に、「この人はこういう人だ」というように規定されるであろうフレームを警戒しているところがあるらしい。「心理の専門家だからやさしい人だろう」とか「大学の教員だから真面目なんだろう」とか、そういう目で見られたくない。「結婚はこういうものだ、こうするものだ」とか言われてもピンとこないし、すごく抵抗がある。そこにはどこにも自分がいないし、とても困ってしまう。自分は自分でしかないし、それ以上でも以下でもない。自分を他の誰かのように見ないでほしい、そういう欲求が自分にはあるようだ。それが幻想であることも理解しているつもりだし、そのフレームで受け止められることで得していることが多々あることを理解する程度には大人であるつもりなんだけどね。

じゃあ、自分はどうありたいんだろう? 世の中で言うところの専門家というのは、いろんな意味あいがありそうなんだけど、観察を通して、総じてシュッとしてる人らしいことがわかってきた。利口で、問題を正しく理解して、正解を言える人。困っている人を正しく導いてくれる人。いま流行りの資格論議も、誰がいちばん正解を言えるのか、みたいな話になっているような気がする。

だけど、そもそも人生に正解はないし、嬉しいことと同じぐらい悲しいこともあるし、落ち込むときは落ち込むし、そのどれもが人間くさいように感じる。どんな場面であっても、どんな状況であっても、人生は紡がれていく。「この世界の片隅に」を見ていても、そんなことを感じたよ。

どんな気持ちを持っていても、「ああ、それってわかるよ、そりゃあそんなことがあったらそんな気持ちにだってなるわねえ」と、心の底から感じてそれをお伝えできるような、そしてその方が自分の人生を紡いでいかれるその傍らにいられるような、そんな人に、僕はなりたいんだろうなあと思う。

いくら勉強しても自分にはシュッとしたことは言えんし、とても人を導いていくなんてことはできないけど、そもそもシュッとしていることは自分の持ち味ではないと思うんだ。シュッとしてなくたって生きていけるよ、ぐらいに思っている節が自分にはあるわけで。

ここのところ、こんなことを感じていて、それで「専門家というのはかくかくしかじかができる人だ」というような議論にうんざりしてきているんだろうなあと思っている。

2018年4月26日木曜日

Pythonでメッセージを表示する

Pythonでメッセージを表示する方法を調べました。
vim message.pyなどとして以下の内容を入力します:
#!/usr/bin/python2
# -*- coding: utf-8 -*-

print u'\u0049\u0020\u0067\u006F\u0074\u0020\u006D\u0061\u0072\u0072\u0069\u0065\u0064\u0020\u0074\u006F\u0064\u0061\u0079\u0021'
message.pyに実行権限を与えて実行してみましょう。
$ chmod +x message.py
$ ./message.py
この出力結果が私から皆様にご報告したかったことです。ありがとうございました。

2018年4月10日火曜日

Rhythmboxの#NowPlayingをクリップボードにコピーするシェルスクリプトをつくった

Twit Sideを常用しだしてmikutterを使わなくなったので,Rhythmboxで再生している楽曲をクリップボードにコピーするシェルスクリプトをつくりました。
まずはsudo apt install xselでxselパッケージをインストールしておきます。次にvim ~/bin/nowplaying.shとかして
#!/bin/sh
format=`rhythmbox-client --print-playing-format="%tt by %ta from %at"`
echo -n "#NowPlaying" $format | xsel --clipboard --input
と書き,chmod +x ~/bin/nowplaying.shを実行します。これでnowplaying.shを実行すれば,Rhythmboxで再生している楽曲の情報をクリップボードにコピーすることができます。Twit Side等のツイート欄に貼り付ければ,#NowPlaying をツイートできるという手はずです。
GNOME環境で,ショートカットキーにこのコマンドを割り当てておくと便利です。僕は[Ctrl + Alt + P]に割り当てています。

2018年3月21日水曜日

ぽとふの会で不登校講演会を実施しました

地域でのワークショップの企画は経験あるものの,講演会を自分で企画して実施するのははじめてで,不慣れなことだらけでしたが,なんとか無事終えることができました。よい勉強になりました。
当初は人が集まらないんじゃないかと心配しましたが,雨天にもかかわらず23名もの方々にご参加いただくことができました。いろいろと課題も見えてきましたが,ひとまず成功と評価してよいでしょう。がんばりました。
講演会で僕が話したことは,「無条件の肯定的眼差し(unconditional positive regard; UPR)」にかかわるもので,最近ずっと考えていることです。UPRって,今後ますます大切になる気がするのですよ……,ってこのあたりは別の機会に語る予定です。
この仕事に携わるようになって,自分が大切にしていることが,ようやく少しずつ言葉になってきているような気がします。いつか借り物の言葉ではなくて,自分の言葉で語れるようになれたらいいなあ。
講演会終了後,参加者同士で話が盛り上がっていたのが印象的でした。ネットワーキングは,密かに狙っていたことでしたからね。
とにもかくにも,ご参加いただいた皆様,また体験談をお話いただいた保護者の方,全力でサポートしてくださった院生さん,当日スタッフを務めていただいたゼミの有志の皆様,ありがとうございました!

2018年1月8日月曜日

年末年始に観た映画

年末年始はAmazonプライムビデオで映画を見まくっていました。

くちびるに歌を

ありがちなお話といえばそのとおりですが,最後にはみんなが救われる,やさしいお話でした。最後のガッキーの笑顔がよいですね。ガッキーが笑うたびに「ガッキーの笑顔いただきました!」とかぶつぶつ言っていました。

planetarian〜星の人〜

キネティック・ノベルはすでにPC版で読んでいて,付録の小説も既読でしたが,お話はすっかり忘れてしまっていました。当時ボロ泣きしたのはよく覚えていましたが。アニメ版もよいですね。最後,救いのあるお話に改変されていたっぽいですが,それはそれでKey作品らしくてよいです。まあ鍵っ子としては,『智代アフター』のような厳しい現実をたたきつけられるKey作品も大変好きなのですが。

インデペンデンス・デイ

いまさら感がありますが,観たことがなかったので観てみました。いかにもアメリカンなお話でしたが,エンターテイメントとしてはこれでよいのでしょう。爆発シーンが出てくるたびに盆回しをBGMに流したくなる私はおっさんのニコ厨ですね。

ソロモンの偽証

前篇の引きはとんでもなかったです。映画を劇場で観た人は後篇が待ち遠しかったことでしょう。後篇は,見ていて尺不足というか,特に柏木君の人物描写が浅くて唐突感がありましたが,映画だとこれが限界なんでしょうねえ。原作を読んでみたいと思いました。

ゲゲゲの女房

淡々とした描写の続く映画で,正直言ってそんなにおもしろいとは言えないのですが,なぜか心に残る作品でした。時代設定は古いのに,なぜか現代の風景が出てくるなど,全体を通して観客に「奇妙な感じ」を抱かせる演出が見事だと思いました。

犬神家の一族 (2006)

一度見てみたかったのですが,古い作品だと怖すぎるかと思ってこちらにしました。お話の作り方等,やはり名作ですね。とてもおもしろかったです。最近の役者さんが出ているのに血糊や死体などが作り物感満載だったりと,わざと古めかしく作っているのもおもしろいと思いました。1976年版と見比べてみるのもおもしろそうです。
さてさて,正月ボケもそこそこに,そろそろ日常に戻っていきますかね。

2018年1月4日木曜日

2018年を迎えて

あけましておめでとうございます。
去年の抱負は「文句を言う前にまずは自分が動く」でした。この抱負についてはわりといい線いってたと思います。ただ,昨年末も書いたように,もう少しわがままになってもよいようなシーンがいくつかあったように思います。
そこで今年の抱負は,「豊かになるためにわがままになる」にしたいと思います。
いくつか例を挙げると,ずっとコーヒーに凝りたいと思ってコーヒーミル等をみてきたけど,貧乏性が災いしてずっと買ってきませんでした。たとえばちょっとお金を出してでもそういうのを買うとか。事務仕事に追われてやりたい研究ができないのであれば,事務仕事をちょっとサボってでもやりたい研究の時間を確保するとか。
ちょっとした豊かさから,大きな豊かさまで,それを実現するために,わがままになる1年にしたいと思います。
わがままでいけ好かないやつになっているかもしれませんが,今年1年もどうぞよろしくお願いいたします。
追伸 2018年1月1日付でレベルが上がって准教授になりました。肩書きにはさっぱり興味ないですが,まあこれも一区切りですねえ。今後も変わらずお付き合いくださいませ。以上ご報告でした。

2017年12月31日日曜日

2017年を振り返ってみる

今年は激動すぎる1年でした……。某資格対応やら異動案件で,特に10月以降はまったく身動きがとれませんでした。そんな1年を振り返ってみたいと思います。
まずは今年の業績から。

業績

論文

  1. 押江隆・藤田洋子・植木美紀・多田佳歩・鞠川由貴・溝口英登・森原梓・山本優子・渡邊弓子(2016). PCAGIP法にパーソン・センタードな個人スーパービジョンを組み合わせた「リフレキシブPCAGIP」の開発, 山口大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要, 39, 109-118.

学会

発表

  1. 押江隆(2017). 挫折体験のストレス評価と問題意識性,フォーカシング的態度および外傷後成長との関連の検討, 日本心理臨床学会第36回大会(ポスター発表).
  2. 押江隆・山根倫也・坂本和久・玖村奈美(2017). 体験過程スケールによるリフレキシブPCAGIPのプロセス研究, 日本人間性心理学会第36回大会(口頭発表).
  3. 玖村奈美・押江隆(2017). 愛着スタイルがネガティブな反すうに及ぼす影響と認知的共感性の緩衝効果の検討, 日本人間性心理学会第36回大会(口頭発表).
  4. 小笠原歩・押江隆(2017). 依存の回復の過程についての研究──アルコール依存からの回復を対象として, 中国四国心理学会第73回大会(ポスター発表).
  5. 坂本和久・押江隆(2017). テーブルトークRPGのプロセス研究, 日本人間性心理学会第36回大会(口頭発表).
  6. 矢野慶次郎・押江隆(2017)ほめることがほめ手に与える影響の検討, 中国四国心理学会第73回大会(ポスター発表).

自主企画

  1. 髙橋紀子(筆頭発表者)・吉村麻奈美(連名発表者)・吉川麻衣子(連名発表者)・押江隆(連名発表者)・野島一彦(連名発表者) ・下田節夫(連名発表者)・岡村達也(連名発表者)(2017). グループ実践について、世代を超えて語り合う会, 日本人間性心理学会第36回大会(自主企画).

講演会・研修会等

  1. 「新しい事例検討法『PCAGIP法』を体験する(第5回)」講師(山口大学教育学部)2017年1月23日
  2. 「体験! ひとくち心理学」ファシリテーター(中市コミュニティーホールNac)2017年2月25日
  3. 「ともに支えあう心理臨床」講師(日本犯罪心理学会中国地区研修会)2017年3月4日
  4. 「コミュニティプレイセラピーのこれまでとこれから」講師(日本人間性心理学会中国四国部会第2回研修会)2017年3月11日
  5. 「生活相談員研修会(生活相談のためのコミュニケーション法「人生の交差点」)」講師(山口県警察本部)2017年6月30日
  6. 「付添人としての少年・保護者への面接技法」講師(山口少年友の会)2017年10月2日・11月27日
論文が少ないですが,あと2本書いていて,そのうち1本は修正再審査で現在修正中,もう1本は絶賛執筆中です。
学会発表をたくさんしていますが,そのうちの多くは学生さんの仕事が花開いた結果といった印象です。テーマの一貫性のなさ,よくいえばdiversityが,いかにもうちのゼミらしくていい感じですね。
こうしてみると,身動きがとれない割にはがんばってるじゃないかと思いました。「体験! ひとくち心理学」のような,おもしろい仕事ができたのもよかったです。来年は,もっとおもしろい研究ができるといいなあ。いま,ちょくちょく準備を進めているところです。
それにしても忙しすぎて,本をほとんど読めなかったのが辛い1年でした。まあ忙しい言うてる割にはもりもりゲームしてましたが。Nintendo Switchの手軽さおそるべし。ゼルダBotWにスプラトゥーン2にマリオオデッセイにと,任天堂ファンにはたまらない1年でしたねえ。

今年の抱負の進捗どうでしたか

今年の抱負は「文句を言う前にまずは自分が動く」でした。この抱負は達成できたように思っています。ただ,もうちょっとわがままに動けたらよかったかな,と思うシーンも多々ありました。来年の抱負は,このあたりをふまえて決めたいと思っています。
というわけで,今年も大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。