2019年1月1日火曜日

ゆく年くる年2018-2019

年が明けました。1年のまとめ記事を大晦日に書いていたら,そのまま酒飲んで紅白見て孤独のグルメ見て寝てしまったので,今年の抱負とあわせて書きます。

業績について

まずは2018年の業績を振り返ってみます。

論文

  • 押江隆・池ヶ谷采佳・玖村奈美・山根倫也・坂本和久・矢瞳慶次郎・南和宏・白石潤一・香川実穂(印刷中). 地域に”つながり”を促進することを目的に実施した心理臨床ワークショップの検討: PCAグループおよびコミュニティ臨床の視点から, 山口県立大学学術情報, 12.

学会

口頭発表・ポスター発表

  1. Oshie, T. (2018) A challenge to unconditional positive regard for communities: facilitating hope beyond pathological frame of reference, 13th World Conference for Person-Centered and Experiential Psychotherapy and Counseling(口頭発表)
  2. Nakata, Y., Oishi, E., Oshie, T. & Shirai, M. (2018) Development of an inventory measuring an inherent effect of PCT, 13th World Conference for Person-Centered and Experiential Psychotherapy and Counseling(口頭発表)
  3. 谷和剛・坂本和久・押江隆(2018)大学のワークショップで実施した相互ウォッチワードの意義(1)──質問紙の分析から 中国四国心理学会第74回大会(ポスター発表)
  4. 坂本和久・谷和剛・押江隆(2018)大学のワークショップで実施した相互ウォッチワードの意義(2)──自由記述の分析から 中国四国心理学会第74回大会(ポスター発表)
  5. 村田弘子・押江隆(2018)超高齢者が「尊厳ある生」に至るプロセスの検討 中国四国心理学会第74回大会(ポスター発表)
  6. 堺香穂・押江隆(2018)共依存傾向と向社会的行動との関連および教員志望者と非教員志望者の共依存傾向の比較 ​九州心理学会第79回大会(ポスター発表)
  7. 香川実穂・沖林洋平・押江隆(2018)”理不尽な場面”で生起される感情と性格の関連,及び対処するための方略の有効性認知の検討​ 九州心理学会第79回大会(ポスター発表)
  8. 古賀伊月・押江隆(2018)イップスのきっかけとその経過のモデルの作成 ​九州心理学会第79回大会(ポスター発表)

シンポジウム・自主企画等

  1. 村山正治(企画者)・並木崇浩(企画者)・南陽子(企画者,話題提供者)・渡辺隆(話題提供者)・押江隆(話題提供者)・岩渕匡彦(話題提供者)・兒山志保美(指定討論者)・小野真由子(指定討論者)(2018)PCAGIP法・ファシリテーター論・実践上の工夫 日本人間性心理学会第37回大会(自主企画)

講演会・研修会等

  1. 「不登校講演会」講師(地域臨床研究会)2018年3月21日(フライヤー)
  2. 「生活相談員研修会(テーマ:“聴くこと”の科学)」講師(山口県警察本部)2018年6月20日
  3. 「発達障害児の支援ボランティア養成講座(テーマ: 思春期における発達障害児等の子どもの支援を学ぼう!)」講師(宇部市,宇部市教育委員会)2018年9月22日
  4. 「少年相談員研修会(私はひとと”遊ぶ”ことができるか?)」講師(周南警察署少年相談員連絡会)2018年11月29日
最近論文が書けていなかったのが,1本書けて安心しました。それとは別にrejectされちゃった論文があるので,気持ちを入れ替えてrebootしたいと思います。負けてられんぞー! あと2本,書きたいネタがあるのです。がんばろう。
学会についてはウィーンに行けたのが本当によかったです。英語は苦手だけど,たくさん刺激をいただくことができ,次の目標も見えてきました。
研究自体は某資格の試験もあり,昨年はあまり身動きが取れていなかったので,今年はがんばりますよ。いろいろとやってみたいことがあります。世の中に問うていきたいこともはっきりしてきましたしね。

昨年買ったゲーム

めっちゃ買ってるし……。スマブラSPはいま絶賛プレイ中です。全ファイター出しましたよ! 個人的にロックマン11はすごくおもしろかったのでもっと売れてほしいです。あと,セレステは神ゲーでしたねー。

昨年の抱負について

2018年を迎えて」には以下のように書きました。
今年の抱負は,「豊かになるためにわがままになる」にしたいと思います。
振り返ってみると,これはちゃんとやれていたと思います。コーヒーミルはいまだに買ってませんけど,事務仕事は順調に手を抜けています(やれよ)。
ちょっとした豊かさから,大きな豊かさまで,それを実現するために,わがままになる1年にしたいと思います。
特に大きな豊かさについてはPythonでメッセージを表示することもできましたし(謎),いい感じでわがままにやれているのではないでしょうか。

今年の抱負について

では今年の抱負はどうするか。今年の抱負は「自分ができることを誰でもできると思わない。自分ができることを,それがどうやったらできるようになるか人に伝えるために,言葉にしていくことを考える」とします。ちょっと長いですね。
臨床経験を2007年11月からとするならば,もう11年ぐらい臨床らしいことをやっていることになるんですね。ずっと初学者のつもりでいましたけど,そこそこ続けているからこそ,できるようになってきていることもあることに気づいてきています。
ずっと初学者のつもりでいると,ハングリー精神は育まれますけど,一方で「自分のような人間ができるんだから,誰だってできるだろう」とつい考えてしまうところがあるみたいなんですよね。でも,それだと学生さんに対してハードルを高くすることになってしまいますし,何も伝わらないことになってしまいます。
ですから,ハングリー精神は大事にしながらも,「自分だからこそできること」があることを素直に認め,それを丁寧に言葉にする仕事を,今年1年やっていきたいと思います。要は,ちょっと大人になってみようということですね。もう今年で40になりますし。って,不惑にはほど遠いなー。
というわけで,今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018年10月30日火曜日

GPD PocketにUbuntu MATE 18.10をインストールした

起動直後にしばしばplymouthとLightDM Greeterが表示されない問題がありましたが,redditの投稿を参考に/etc/default/grub
GRUB_GFXMODE=1200x1920x32
GRUB_GFXPAYLOAD_LINUX=keep
GRUB_CMDLINE_LINUX="acpi_osi=Linux"
と書き,sudo update-grubすることで直りました。
これまでXubuntu 16.04のISOをrespinしてインストールして使っていましたが,HDMIから音が鳴らないなどの不具合がありました。Ubuntu MATE 18.10は非常に快適に動作しています。
こんな感じにカスタマイズして,Unity風に使っています。左側のDockはPlankです。また,右側のパネルにはワークスペース切替を配置し,[自動的に隠す]設定にしています。
まあここまでするならGNOME Shellをインストールすればいいような気もしますが。

2018年10月12日金曜日

生存報告

ブログどころかSNSからも姿を消しつつありましたが,なんとか生きています。4月以降のスケジュールを書き出してみるとこんな感じでした。
  • 4/1-: 通常業務と国際学会での発表の準備に追われる。
  • 7/7-13:ウィーンへ学会出張。
  • 7/14-9/8: 某国家試験の勉強に追われる。
  • 9/9: 某国家試験。試験開始直前は緊張のあまり3分に1回トイレに行っていた。
  • 9/10-13: 通常業務と学会の自主企画の準備に追われる。
  • 9/14-16: 愛知へ学会出張。
  • 9/17-21: 通常業務とボランティア養成講座の準備と授業準備に追われる。
  • 9/22: ボランティア養成講座講師。
  • 9/20, 25-57: 他大学にて集中講義。
  • 10/1-: 通常業務に追われる。
書き出してみると,なかなかの多忙っぷりですな。通常業務が忙しくなっているのはある意味でいいことなのですが,論文を書く時間が全然とれません(しくしく)。
まあ,10月以降は時間が取れるはずなので,論文をがんばりましょう。3本分ぐらいのネタがたまってしまいました。
アニメは全然見れていません。あ,「シュタインズ・ゲート ゼロ」は観ましたよ! タイムリープものはお話を追っていくのが大変でしたが,おもしろかったです。紅莉栖派としてはもっとクリスティーナを出してほしかった「シュタインズ・ゲート エリート」がほしくなりました。
ゲームは「ドンキーコングトロピカルフリーズ」がまだクリアできていないのに「ロックマン11」を買ってしまいました。まだ1体もボスを倒せていませんが,やっぱりロックマンはおもしろいです。あと「セレステ」 にハマっていました。やっぱりまだクリアできていませんが。それにしても,なぜか難しい2Dアクションばかりプレイしていますね。

2018年7月15日日曜日

PCE2018に参加してきました

この学会に前回参加したのがPCE2008だったので,もうあれから10年経ったんですね……。当時は金がなく,海外はおろか飛行機に乗ること自体はじめてで,決死の覚悟で行ったのをよく覚えています。英語でボケてダダ滑りしたことも。今回はその雪辱戦でした(?)。
そこそこの人が聴きに来てくださり,お伝えしたいことも伝わったようで,かつウケてくださってよかったです(そこ?)。ぜったいウケをとりたいとか,関西人の血が騒ぐのよ……。
今回の学会ではポケトークがそこそこ活躍しました。もちろん万能ではないですけど,まあまあ使えました。外国語で苦労していて国際学会での発表をためらっている方は,購入を検討されてはいかがでしょうか。使うとウケます!(そこ?)
シュテファン大聖堂
ウィーン,また行きたいです。

2018年7月13日金曜日

独創と研究


任天堂のフォロワーとして,任天堂の独創の思想には明らかに影響を受けていて,娯楽だけでなく研究もそうだと思っています。

他の誰かにもできることをやってもつまらないし,エネルギーが出ないと思うんです。もちろん同じジャンルの研究をしている人がいてもいいけど,誰かに与えられたものではなくて,自分から出てきたテーマというのには必ず何らかのその人らしさというオリジナリティがあるし,そこに十分価値があると思うわけです。

自分の研究でいうと,地域臨床の研究は明らかにオープンソースの思想の影響を受けています。僕がパーソン・センタード・セラピーに親和性を感じる理由の1つにRogersのカウンセリングの録音記録の公開が挙げられますが,このことにもオープンソースと近いものを感じています。このあたり,いかにも自分らしいと感じています。そして,そのことを誇りに思っています。

ときどきでいいから,自分の研究は自分らしさのどこに由来しているものなのかを自問自答する必要を感じています。「おもしろい研究がしたい」とは常々願っていますけど,その「おもしろさ」の根っこは,この自分らしさにあるように思えるからです。

もしそのテーマが自分の外側にあって,自分でなくてもやれるようなことだったら,それはとても危険なことのように思います。「あなたが大切にしているものは何?」という問いに,誰か他の人が用意した答えではなくて,自分自身の言葉で答えていけるようになりたいものです。

2018年7月3日火曜日

うぶんちゅ! まがじん ざっぱ~ん♪ vol.8に寄稿しました #ubuntujp

発売されてからブログを書くのが遅くなってしまいましたが,「Ubuntuではじめる楽しいゼミ運営」というタイトルで原稿を書きました。SlackのOSSクローンMattermostネタです。もともとはゲストページのつもりだったのですが,いくやさんの采配でトップページになってびっくりです。ありがとうございます。
ゼミ内のオンラインでのコミュニケーションに,Mattermostは最適解だと思います。LINEでのやりとりで苦労している大学の中の人の参考になりましたら。
はにゅうさんの「Ubuntuで心理学実験」は心理学の実験をされる方は必読です。臨床心理学の中の人ですが,いろいろ試したくなりました。kazken3の「いつでも始められるmpv」は動画再生ソフトに関する知識がアップデートされる内容です。他にも気になる記事がめじろ押し。ぜひひとつお買い上げくださいませ。

GPD Pocketを買った

GPD Pocket 2が出るという話もありましたが,学会発表に備えて買っちゃいました。なるべく荷物を軽くしたいですしね。
Windows 10での動作確認をしたあと,さっさとWindowsを消してUbuntuをインストールしました。最初に公式ISOを入れたものの,微妙だったので最新のBIOSにアップデートした上でXubuntu 16.04 LTSのISOをrespinして入れました。とても快適に動作しています。
変態キーボードなので,少なくともQとTabキー,BSとDELキーの打ち間違いは頻発しますね。まあ要は慣れなんでしょう。HHKB Pro 2も持っていこうかしら……。
GPD Pocketでデュアルディスプレイすると,本体のディスプレイが縦向きになってしまいます。これだとEvinceでプレゼンすると使い物にならないのですが,pdfpcを使うといい感じです。スピーカーノートを入れられるのも便利ですね。
なお,ノートはPDFと同一フォルダーの*.pdfpcにプレインテキストで保存されます。ノートを好きなエディターで編集できるのもよいです。
あ,スライドは完成しました。あとはノートです。頑張ろっと。